宮崎大学 工学部 電気電子工学科 電気エネルギー工学講座 レーザー工学研究室

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



アクセス数
Last updated 2017-05-24

電気エネルギーから効率よく光をつくり,応用する

レーザー研のつくる光とは?

 光は電磁波の一種であり,その波長の違いによって下図(クリックで拡大)のように分類することができます. 私たち人間が見ることができる波長は,可視光と呼ばれる400~800 nm程度の極限られた範囲でしかありません.
 レーザー工学研究室では,可視光よりも波長が短い“真空紫外域(Vacuum ultraviolet: VUV)”,および“極端紫外域(Extreme ultraviolet: EUV)”における既存にない高機能な光源の開発と,それらを用いた新しい光技術に関する研究を行っています.

wavelength.bmp


主な研究テーマ

  • 光電界電離アルゴンエキシマレーザーの開発LinkIcon
  • 超短パルス真空紫外レーザーシステムの開発LinkIcon
  • 光電界電離プラズマの動的挙動の測定LinkIcon
  • レーザー生成プラズマ極端紫外光源の開発LinkIcon
  • ナトリウムの真空紫外分光特性に関する研究LinkIcon

  ※LinkIconをクリックで各テーマの説明へ