宮崎大学 工学部 電気電子工学科 電気エネルギー工学講座 レーザー工学研究室

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



アクセス数
Last updated 2017-05-24

光電界電離プラズマの動的挙動の測定

 光電界電離(OFI: optical field induced ionizationプラズマ中で高密度のアルゴンエキシマが生成されていることがわかっています.また生成されたアルゴンエキシマを真空紫外光増幅器として使用して予測どおりの増幅結果も得られています.プラズマの理論的な考察に加えて,プラズマを直接観測しその特性(密度分布,温度分布)を調べることはこれからの課題です.ここでは,レーザー干渉法を用いて光電界電離アルゴンプラズマの密度分布の時間分解測定を行っています.この結果から利得媒質の空間分布に関するより詳細な情報を得ることができ,より優れた性能を持つ増幅器を開発することができます.