宮崎大学 工学部 電気電子工学科 電気エネルギー工学講座 レーザー工学研究室

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



アクセス数
Last updated 2017-05-24

 最近5年間 論文リストはこちら

論文

2015

  • 加来昌典,甲藤正人,横谷篤至,窪寺昌一,“光電界電離アルゴンエキシマ増幅器を用いた超短パルス真空紫外レーザー”,レーザー研究 Vol. 43,537-541 (2015. 8).
  • Masanori Kaku, Daichi Kai, Masahito Katto, Atsushi Yokotani, Shoichi Kubodera, and Wataru Sasaki, “Surface analysis by photo-stimulated desorption using tunable VUV radiation”, Applied Physics B Vol. 119, No. 3, pp. 427-433 (2015).

2014

  • Masahito Katto, Masanori Kaku, Atsushi Yokotani, Kenzo Miyazaki, Noriaki Miyanaga, Shoichi Kubodera, “Development of ultrashort pulsed VUV laser and its applications”, Journal of Laser Micro/Nanoengineering Vol. 9, No. 2 pp. 108-112 (July 2014).

2013

  • Hiroyuki Daido, Yoji Suzuki, Tetsuya Kawachi, Takeshi Fukuda, Toshio Nakagiri, Masanori Kaku, and Shoichi Kubodera, “Demonstration of partially transparent thick metallic sodium in the vacuum ultraviolet spectral range”, Optics Express Vol. 21, No. 23 pp. 28182-28188 (8 Nov 2013).
  • Yuta Matsuura, Masanori Kaku, and Shoichi Kubodera, “Enhancement of extreme ultraviolet radiations from a laser-produced plasma using copper-tungsten alloy”, Applied Physics B Vol. 110, No. 3, pp. 397-400 (2013).

2012

  • 加来昌典,松浦悠太,窪寺昌一,“合金ターゲットを用いた極端紫外域におけるレーザ生成プラズマからの発光強度の増加”,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),Vol. 132, pp.1283-1286 (2012).
  • Masanori Kaku, Yusuke Sato, and Shoichi Kubodera, “Quasi-point incoherent ArF* excimer emission source at 193 nm using a laser-produced plasma”, Applied Physics B Vol. 107, pp.85-89 (2012).

2011年

  • Masanori Kaku, Shinya Harano, Ryota Matsumoto, Masahito Katto, and Shoichi Kubodera, “Amplification properties of vacuum ultraviolet Ar2* produced by an infrared high-intensity laser”, Optics Letters Vol. 36, pp. 2719-2721 (2011).

会議録

2015年

  • 甲藤正人,加来昌典,横谷篤至,窪寺昌一,“真空紫外光域における高強度レーザー光源の開発と応用”,レーザー学会第483回研究会報告,RMT-15-45-50,pp. 1-5(2015年12月).
  • 甲藤正人,杉原隆明,加来昌典,横谷篤至,窪寺昌一,“時間遅延をつけたフェムト秒レーザー・ダブルパルスによる加工特性”,レーザー学会第480回研究会報告,RMT-15-31,pp. 31-36(2015年9月).
  • 亀山晃弘,加来昌典,甲藤正人,窪寺昌一,横谷篤至,“TFBG(傾斜型ブラッグ回折格子)センサーを用いた液体の温度と屈折率の同時計測”,レーザー学会第480回研究会報告,RMT-15-31,pp. 19-24(2015年9月).

2014年

  • 加来昌典,甲斐大智,甲藤正人,横谷篤至,窪寺昌一,“真空紫外光によって誘起される光脱離現象を利用した表面分析技術”,レーザー学会第471回研究会報告,RMT-14-74,pp. 13-16(2014年12月).
  • 窪寺昌一,甲斐大智,池田凌,鶴添文人,加来昌典,“高圧力クリプトン中でのクリプトンダイマー生成”,レーザー学会第465回研究会報告,RMT-14-30,pp. 13-17(2014年9月).
  • 亀山晃弘,加来昌典,甲藤正人,窪寺昌一,横谷篤至,“超短パルス短波長光源の開発とその応用”,レーザー学会第465回研究会報告,RMT-14-35,pp. 47-51(2014年9月).

2013年

  • 加来昌典,大休寺匠,甲藤正人,宮永憲明,窪寺昌一,“アルゴンエキシマ増幅器を用いた真空紫外フェムト秒パルスの増幅”,レーザー学会第449回研究会報告,RMT-13-45,pp. 29-32(2013年9月).
  • 亀山晃弘,加来昌典,甲藤正人,窪寺昌一,横谷篤至,“深紫外~極端紫外光源を活用した分析・計測技術の開発”,レーザー学会第449回研究会報告,RMT-13-44,pp. 23-28(2013年9月).
  • Hiroyuki Daido, Yoji Suzuki, Tetsuya Kawachi, Takeshi Fukuda, Toshio Nakagiri, Masanori Kaku, Shoichi Kubodera, Alexander S. Pirozhkov, “Transmission imaging of sodium in the vacuum ultra-violet spectral range: new application for an intense VUV source”, Proceedings of SPIE vol.8849, pp884908-1-11 (August 2013).
  • Masanori Kaku, Yoshihiro Ezaki, Masahito Katto, and Shoichi Kubodera, “Amplification of ultrashort pulse vacuum ultraviolet coherent radiation in OFI Ar2* amplifier”, Proceedings of SPIE vol. 8677, pp. 867712-1-4 (January 2013).
  • 窪寺昌一,加来昌典,大休寺匠,藤吉一行,江崎功浩,甲藤正人,宮崎健創,”超短パルス真空紫外レーザー”,電気学会研究会資料 光・量子デバイス研究会,vol. OQD-13-008, pp. 21-23 (2013年1月).

2012年

  • 加来昌典,江崎功浩,大休寺匠,藤吉一行,甲藤正人,窪寺昌一,宮崎健創,宮永憲明,”超短パルス真空紫外レーザーの開発”,レーザー学会第436回研究会報告, RTM-12-56, pp. 1-5 (2012年12月).
  • 甲藤正人,亀山晃弘,加来昌典,窪寺昌一,横谷篤至,“高輝度真空紫外光源の開発と極端紫外光極微細分析技術への展開”,レーザー学会第431回研究報告,RMT-12-35,pp17-21,(2012年9月)
  • 加来昌典,東啓太,柳田大志,窪寺昌一,“レーザー生成プラズマ光源を用いたナトリウムの真空紫外域における吸収分光測定”,電気学会研究会資料 光・量子デバイス研究会,ODQ-12-017,pp17-21(2012年3月).

2011年

  • 加来昌典,松浦悠太,甲藤正人,横谷篤至,窪寺昌一,佐々木亘,宮林延良,“レーザー生成プラズマ極端紫外光源の開発と表面分析への応用”,レーザー学会第420回研究会報告,RMT-11,48,pp. 25-29(2011年12月).
  • 佐々木亘,瀧川靖雄,加来昌典,甲藤正人,窪寺昌一,横谷篤至,宮林延良,“Mo-Siミラーの光洗浄と光脱離分析評価”,レーザー学会第420回研究会報告,RMT-11,49,pp. 31-35(2011年12月).
  • Masanori Kaku, Masahito Katto, and Shoichi Kubodera, "Vacuum ultraviolet Ar2* laser at 126 nm pumped by an infrared high-intensity laser", Proceedings of IQEC/CLEO Pacific Rim 2011, C460 (August 2011).
  • Masanori Kaku, Wataru Nagaya, Hironari Zushi, Masahito Katto, and Shoichi Kubodera, “Autocorrelation of femtosecond VUV pulses using multiphoton ionization”, Proceedings of SPIE vol. 7915, pp. 79150G-1-7 (January 2011).

会議発表

2015年

  • Shoichi Kubodera,Masanori Kaku, Naoyuki Deshimaru, and Masahito Katto, “Amplification of 126 nm femtosecondpulses in optical-field-induced Ar plasma filamentation”, IEEE Photonics Conference 2015, Hyatt Regency Reston, VA, USA, October 4-8, 2015.
  • Masanori Kaku, Masahito Katto, Atushi Yokotani, Wataru Sasaki and Shoichi Kubodera, “Vacuum ultraviolet photon-stimulated desorption surface spectroscopy of polymers by using laser-produced plasma emissions”, 31th European Conference on Surface Science (ECOSS31), Centre de Convencions Internacional de Barcelona, Barcelona, Spain, 31 August -4 September, 2015.
  • Masanori Kaku, Daichi Kai, Masahito Katto, Atsushi Yokotani, Wataru Sasaki, and Shoichi Kubodera, “Photon-stimulated desorption surface spectroscopy by VUV emissions from a laser-produced plasma”, Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO:2015), San Jose Convention Center, San Jose, USA, May 10-15, 2015.
  • Masanori Kaku, Naoyuki Deshimaru, Masahito Katto, and Shoichi Kubodera, “High intensity ultrashort VUV pulse generation with OFI Ar2* amplifier”, The 4th Advanced Lasers and Photon Sources (ALPS'15), Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan, April 22-24, 2015.
  • Masanori Kaku, Daichi Kai, Masahito Katto, Atsushi Yokotani, Wataru Sasaki, and Shoichi Kubodera, “Photon-stimulated desorption surface spectroscopy system by using a laser-produced argon plasma”, The 4th Advanced Lasers and Photon Sources (ALPS'15), Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan, April 22-24, 2015.
  • 甲藤正人,加来昌典,横谷篤至,窪寺昌一,“真空紫外光域における高強度レーザー光源の開発と応用”,レーザー学会第483 回研究会「短波長量子ビーム発生と応用」,広島大学 東広島キャンパス,広島県東広島市,2015年12月2-3日.
  • 甲藤正人,杉原隆明,加来昌典,横谷篤至,窪寺昌一,“時間遅延をつけたフェムト秒レーザー・ダブルパルスによる加工特性”,レーザー学会第480 回研究会「レーザー応用」,北九州学術研究都市・産学連携センター,福岡県北九州市,2015年9月7日.
  • 亀山晃弘,加来昌典,甲藤正人,窪寺昌一,横谷篤至,“TFBG(傾斜型ブラッグ回折格子)センサーを用いた 液体の温度と屈折率の同時計測”,レーザー学会第480 回研究会「レーザー応用」,北九州学術研究都市・産学連携センター,福岡県北九州市,2015年9月7日.
  • 甲斐大智,加来昌典,窪寺昌一,“真空紫外光によって誘起される光脱離現象を用いた表面分析技術に関する研究”,レーザー学会第35回年次大会,東海大学高輪校舎,東京都港区,2015年1月11-12日.

2014年

  • Shoichi Kubodera,Naoyuki Deshimaru,Masanori Kaku,Masahito Katto, “Amplification of 126 nm femtosecond seed pulses in optical-field-induced Ar plasma filamentation”, 56th Annual Meeting of the APS Division of Plasma Physics, New Orleans Marriott, New Orleans, LA, October 27-31, 2014.
  • Masanori Kaku,Naoyuki Deshimaru,Masahito Katto,Shoichi Kubodera, “High intensity VUV laser system with an OFI Ar2* amplifier”, 2014 IEEE Photonics Conference, Hyatt Regency La Jolla, San Diego, CA, USA, 12-16 October, 2014.
  • Masanori Kaku, Daichi Kai, Masahito Katto, Atsushi Yokotani, Shoichi Kubodera, Wataru Sasaki, “Surface analysis by photo-stimulated desorption using tunable VUV radiation”, 9th International Conference on Photo-Excited Processes and Applications, Matsue, Japan, 29 September -3 October, 2014.
  • Daichi Kai, Naoyuki Deshimaru, Masanori Kaku, Shoichi Kubodera, “Vacuum ultraviolet surface desorption spectroscopy system”, The 5th Shanghai Tokyo Advanced Research Symposium (STARS5), Seagaia Convention Center, Miyazaki, Japan, 21-24 May, 2014.
  • Naoyuki Deshimaru, Masanori Kaku, Masahito Katto, Shoichi Kubodera, “Amplification of VUV fs pulses by using an OFI Ar2* amplifier”, The 5th Shanghai Tokyo Advanced Research Symposium (STARS5), Seagaia Convention Center, Miyazaki, Japan, 21-24 May, 2014.
  • Masanori Kaku, Daichi Kai, Shoichi Kubodera, “Photon-stimulated desorption surface spectroscopy using vacuum ultraviolet emissions from a laser-produced-plasma”, 30th European Conference on Surface Science (ECOSS30), Antalya, Turkey, 31 August -5 September, 2014.
  • Masanori Kaku, Takumi Daikyuji, Masahito Katto, Shoichi Kubodera, “Ultrashort pulse VUV laser system with an OFI Ar2* amplifier”, The 3rd Advanced Lasers and Photon Sources (ALPS’14), Yokohama, Japan, April 22-25, 2014.
    加来昌典,甲斐大智,甲藤正人,横谷篤至,窪寺昌一,“真空紫外光によって誘起される光脱離現象を利用した表面分析技術”,レーザー学会第471回研究会「短波長量子ビーム発生と応用」,ホテルラフォーレ琵琶湖,滋賀県守山市,2014年12月11日.
  • Naoyuki Deshimaru,Masanori Kaku, Masahito Katto, Shoichi Kubodera,“Optical amplification of ultrashort vacuum ultraviolet pulses in Ar plasma amplifier”,平成26年度(第67回)電気・情報関係学会九州支部連合大会,鹿児島大学,鹿児島県鹿児島市,2014年9月18-19日.
  • 窪寺昌一,甲斐大智,池田凌,鶴添文人,加来昌典,“高圧力クリプトン中でのクリプトンダイマー生成”,レーザー学会第465 回研究会「レーザー応用」,休暇村指宿,鹿児島県指宿市,2014年9月8日.
  • 亀山晃弘,加来昌典,甲藤正人,窪寺昌一,横谷篤至,“超短パルス短波長光源の開発とその応用”,レーザー学会第465 回研究会「レーザー応用」,休暇村指宿,鹿児島県指宿市,2014年9月8日.
  • 甲斐大智,加来昌典,窪寺昌一,“真空紫外光によって誘起される光脱離現象を用いた表面分析技術に関する研究”,レーザー学会九州支部学生講演会,休暇村指宿,鹿児島県指宿市,2014年9月7日.
  • 甲斐 大智,加来 昌典,窪寺 昌一,“真空紫外光によって誘起される光脱離現象を用いた表面分析技術に関する研究”,第61回応用物理学会春季学術講演会,青山学院大学相模原キャンパス,神奈川県相模原市,2014年3月17-20日.
  • 甲藤正人,加来昌典,横谷篤至,佐々木亘,窪寺昌一,“真空紫外光源の開発とマイクロ・ナノプロセシングへの応用”,宮崎市民プラザ,宮崎県宮崎市,2014年3月7日.招待講演
  • 加来昌典,“超短パルス真空紫外レーザーの開発”,レーザー学会学術講演会第34回年次大会,北九州国際会議場,福岡県北九州市,2014年1月20-22日.招待講演
  • 大休寺匠,弟子丸直之,加来昌典,甲藤正人,宮永憲明,窪寺昌一,“アルゴンエキシマ増幅器を用いた超短パルス真空紫外光の発生”,レーザー学会学術講演会第34回年次大会,北九州国際会議場,福岡県北九州市,2014年1月20-22日.
  • 藤吉一行,加来昌典,甲藤正人,窪寺昌一,“高強度赤外レーザーによるOFIアルゴンプラズマの動的挙動測定”,レーザー学会学術講演会第34回年次大会,北九州国際会議場,福岡県北九州市,2014年1月20-22日.
  • 池畑聡和,西 章太郎,加来昌典,窪寺昌一,“超高圧クリプトンガスの真空紫外域における吸収分光測定”,レーザー学会学術講演会第34回年次大会,北九州国際会議場,福岡県北九州市,2014年1月20-22日.

2013年

  • Masanori Kaku, Takumi Daikyuji, Kazuyuki Fujiyoshi, Masahito Katto, and Shoichi Kubodera, “Optical amplification of VUV femtosecond pulses at 126 nm in OFI Ar2* amplifier”, IEEE Photonics Conference 2013, Hyatt Regency Bellevue, Bellevue, WA, USA, September 8-12, 2013.
  • Masahito Katto, Masanori Kaku, Atushi Yokotani, Kenzo Miyazaki, Noriaki Miyanaga, and Shoichi Kubodera, “Development of ultrashort pulsed VUV laser and its applications”, The 6th International Congress on Laser Advanced Materials Processing (LAMP 2013), Niigata, Japan, July 23-26, 2013. (invited talk)
  • Masanori Kaku, Yoshihiro Ezaki, Takumi Daikyuji, Masahito Katto, Shoichi Kubodera, and Kenzo Miyazaki, “Optical amplification of vacuum ultraviolet femtosecond pulses at 126 nm in an optical-field-induced ionization Ar2* amplifier”, The 2nd Advanced Lasers and Photon Sources” Conference (ALPS’13), Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan, April 23-25, 2013.
  • Hiroyuki Daido, Yoji Suzuki, Tetsuya Kawachi, Takeshi Fukuda, Toshio Nakagiri, Masanori Kaku, and Shoichi Kubodera,, “Transmission property of sodium in the vacuum ultraviolet range and its applications”, The 2nd Advanced Lasers and Photon Sources” Conference (ALPS’13), Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan, April 23-25, 2013.
    甲藤正人,大休寺匠,加来昌典,宮永憲明,横谷篤至,窪寺昌一,“高強度真空光源の開発とその応用”,レーザー学会第455回研究会「短波長量子ビーム発生と応用」,日本原子力研究開発機構敦賀本部アトムプラザ,2013年12月13日.
  • 窪寺昌一,池畑聡和,加来昌典,“超高圧Kr中でのKr2の生成”,レーザー励起X線源とその応用研究会,日本原子力研究開発機構敦賀本部アトムホール,2013年12月13日.
  • 甲斐大智,加来昌典,窪寺昌一,“真空紫外光によって誘起される光脱離現象を用いた表面分析技術に関する研究”,応用物理学会九州支部学術講演会,長崎大学文教キャンパス,2013年11月30日-12月1日.
  • 窪寺昌一,加来昌典,藤吉一行,大休寺匠,“フェムト秒レーザー生成プラズマによる真空紫外光発生”,電気学会光・量子デバイス研究会「ナノメディシンに向けた光・量子ビーム応用」,防衛医科大学校,2013年11月22日.
  • 藤吉一行,加来昌典,甲藤正人,窪寺昌一,“高強度赤外レーザーによるOFIアルゴンプラズマの動的挙動測定”,第74回応用物理学会秋季学術講演会,同志社大学京田辺キャンパス,2013年9月16-20日.
  • 加来昌典,大休寺匠,甲藤正人,宮永憲明,窪寺昌一,“アルゴンエキシマ増幅器を用いた真空紫外フェムト秒パルスの増幅”,レーザー学会第449回研究会「レーザー応用」,佐賀県武雄市,2013年9月9日.
  • 亀山晃弘,加来昌典,甲藤正人,窪寺昌一,横谷篤至,“深紫外~極端紫外光源を活用した分析・計測技術の開発”,レーザー学会第449回研究会「レーザー応用」,佐賀県武雄市,2013年9月9日.
  • 藤吉一行,加来昌典,甲藤正人,窪寺昌一,“高強度赤外レーザーによるOFI アルゴンプラズマの動的挙動測定”, レーザー学会九州支部学生講演会,佐賀県武雄市,2013年9月8日.
  • 池畑聡和,西章太郎,加来昌典,窪寺昌一,“超高圧Kr中でのKr2*エキシマ生成に関する研究”, レーザー学会九州支部学生講演会佐賀県武雄市,2013年9月8日.
  • 大道博行,鈴木庸司,河内哲哉,福田武司,中桐俊男,加来昌典,窪寺昌一,“紫外線のナトリウム透過イメージング”,日本原子力学会2013年秋の大会,八戸工業大学,2013年9月3-5日.
  • 大道博行,鈴木庸司,河内哲哉,福田武司,中桐俊男,加来昌典,窪寺昌一,”紫外線のナトリウム透過特性の測定と可視化装置への展望”,日本原子力学会2013年春の年会,近畿大学東大阪キャンパス,2013年3月26-28日.
  • 江崎功浩,大休寺匠,藤吉一行,加来昌典,甲藤正人,窪寺昌一,宮崎健創, “光電界電離アルゴンエキシマ増幅器を用いたフェムト秒真空紫外パルスの増幅”,レーザー学会学術講演会第33回年次大会,姫路商工会議所,2013年1月28-30日.
  • 窪寺昌一,加来昌典,大休寺匠,藤吉一行,江崎功浩,甲藤正人,宮崎健創,“超短パルス真空紫外レーザー”.電気学会光・量子ビームによるナノダイナミクス応用技術調査専門委員会 第2回研究会,福井市,2013年1月22日.

2012年

  • Shoichi Kubodera, Masanori Kaku, Masahito Katto, and Kenzo Miyazaki, “Amplification of femtosecond vacuum ultraviolet laser pulses at 126 nm in an optical-field-induced ionized argon plasma”, 65th Gaseous Electronics Conference, The University of Texas at Austin, Austin, TX, October 22-26, 2012.
  • Masanori Kaku, Masaki Irikura, Masahito Katto, and Shoichi Kubodera, “Amplification of ultrashort pulse vacuum ultraviolet coherent radiation in OFI Ar2* amplifier”, The XIX International Symposium on High Power Laser Systems & Applications (HPLS&A 2012), Istanbul, Turkey, September 10-14, 2012.
  • Masanori Kaku, Yuta Matsuura, and Shoichi Kubodera, “Enhancement of extreme ultraviolet emission intensity using laser-produced metal alloy plasma”, The XIX International Symposium on High Power Laser Systems & Applications (HPLS&A 2012), Istanbul, Turkey, September 10-14, 2012.
  • Masanori Kaku, Masahito Katto, and Shoichi Kubodera, “Vacuum ultraviolet Ar2* laser pumped by an infrared high-intensity laser”, The 1st Advanced Laser and Photon Sources (ALPS ’12), Yokohama, Japan, April 26-27, 2012.
  • 加来昌典,“レーザープラズマ光源を用いた真空紫外域におけるナトリウムの分光測定”,第3回レーザー共同研究所成果報告会,日本原子力研究開発機構 敦賀本部 アトムプラザ,2012年12月11-12日.
  • 大道博行,鈴木庸司,河内哲哉,福田武司,中桐俊男,加来昌典,窪寺昌一,“真空紫外線のナトリウム透過特性の測定”, 2012年度レーザー励起X線源とその応用研究会,宮崎市,2012年12月6日.
  • 窪寺昌一,加来昌典,池畑聡和,“高圧真空紫外エキシマランプ”,2012年度レーザー励起X線源とその応用研究会,宮崎市民プラザ,2012年12月6日.
  • 加来昌典,江崎功浩,大休寺匠,藤吉一行,甲藤正人,窪寺昌一,宮崎健創,宮永憲明,“超短パルス真空紫外レーザーの開発”, レーザー学会第436回研究会「短波長光の発生とその応用」,宮崎市民プラザ,2012年12月6日.
  • Kazuyuki Fujiyoshi, Masanori Kaku, and Shoichi Kubodera, “Temporal dynamics of OFI Ar plasma produced by high-intensity IR laser”, 第65回電気関係学会九州支部連合大会(国際セッション,光および量子エレクトロニクス),長崎大学,2012年9月24-25日.
  • 甲藤正人,亀山晃弘,加来昌典,窪寺昌一,横谷篤至,“高輝度真空紫外光源の開発と極端紫外光微細分析技術への展開”, レーザー学会第432回研究会「レーザー応用」,全労済ソレイユ(大分),2012年9月18日.
  • 大休寺匠,江崎功浩,加来昌典,甲藤正人,窪寺昌一,宮崎健創,“アルゴンエキシマ増幅器を用いた真空紫外高強度パルスの発生”,レーザー学会九州支部学生講演会,全労済ソレイユ(大分),2012年9月17日.
  • 江崎功浩,大休寺匠,加来昌典,甲藤正人,窪寺昌一,宮崎健創,“光電界電離アルゴンエキシマによる真空紫外フェムト秒パルスの増幅”, 第73回応用物理学会学術講演会,愛媛大学・松山大学,2012年9月11 -14日.
  • 加来昌典,東啓太,柳田大志,窪寺昌一,“レーザー生成プラズマ光源を用いたナトリウムの真空紫外域における吸収分光測定”,電気学会光・量子デバイス研究会「光・量子ビームによるナノダイナミクス応用」,愛媛大学,2012年3月4日.
  • 加来昌典,東啓太,柳田大志,窪寺昌一,“レーザー生成プラズマ光源を用いたナトリウムの真空紫外域における吸収分光測定”,電気学会光・量子デバイス研究会「光・量子ビームによるナノダイナミクス応用」,愛媛大学,2012年3月4日.
  • 松浦悠太,加来昌典,窪寺昌一,“合金ターゲットを用いたレーザー生成プラズマによる極端紫外光源”,レーザー学会学術講演会第32回年次大会,TKP仙台カンファレンスセンター,2012年1月30日-2月1日.
  • 加来昌典,東啓太,柳田大志,窪寺昌一,“レーザー生成プラズマ光源を用いたナトリウムの真空紫外域における吸収分光測定”,レーザー学会学術講演会第32回年次大会,TKP仙台カンファレンスセンター,2012年1月30日-2月1日.

2011年

  • Shoichi Kubodera, Masanori Kaku, and Masahito Katto, “Vacuum ultraviolet argon excimer laser excited by optical-field-induced ionized electrons produced in an argon-filled hollow fiber”, 64th Gaseous Electronics Conference, Salt Palace Convention Center, Salt Lake City, Utah, November 14-18, 2011.
  • Masahito Katto, Masanori Kaku, Shoichi Kubodera, and Atsushi Yokotani, “Novel method of pulsed laser deposition using liquid flow target”, 30th International Congress on Applications of Lasers & Electro-Optics (ICALEO), Hilton in the Walt Disney World Resort, Lake Buena Vista, FL, October 23-27, 2011.
  • Masanori Kaku, Masahito Katto, and Shoichi Kubodera, “Vacuum ultraviolet Ar2* laser at 126 nm pumped by an infrared high-intensity laser”, IQEC/CLEO Pacific Rim 2011, Sydney Convention and Exhibition Centre, Sydney, Australia, August 28 - September 1, 2011.
  • Masahito Katto, Masanori Kaku, Shoichi Kubodera, Atsusi Yokotani, Nobuyoshi Miyabayashi, and Wataru Sasaki, “Application of photo-stimulated desorption and decomposition process induced by VUV radiations to surface analysis”, The International Symposium on Laser Precision Microfabrication (LPM) 2011, Takamatsu, Japan, June 7-10, 2011.
  • Shoichi Kubodera, Wataru Nagaya, Hironari Zushi, Masanori Kaku, and Masahito Katto, “Autocorrelation of femtosecond VUV pulses using multiphoton ionization”, Photonics West 2011 (SPIE Meeting), The Moscone Center, San Francisco, January 22-27, 2011.
  • 加来昌典,松浦悠太,甲藤正人,横谷篤至,窪寺昌一,佐々木亘,宮林延良,”レーザー生成プラズマ極端紫外光源の開発と表面分析への応用”, レーザー学会第420回研究会「短波長光の発生とその応用」,KKRホテル熱海,2011年12月8日.
  • 佐々木亘,瀧川靖雄,加来昌典,甲藤正人,窪寺昌一,横谷篤至,宮林延良,”Mo-Siミラーの光洗浄と光脱離分析評価”,レーザー学会第420回研究会「短波長光の発生とその応用」,KKRホテル熱海,2011年12月8日.
  • Keita Higashi, Daishi Yanagita, Masanori Kaku, and Shoichi Kubodera, "Measurement of time-resolved absorption spectra of sodium using a laser-produced Ar plasma source", 第64回電気関係学会九州支部連合大会(国際セッション,光および量子エレクトロニクス),佐賀大学,2011年9月26-27日.
  • 加来昌典,圖師裕也,長谷渉,入倉雅樹,甲藤正人, 窪寺昌一,“希ガスの多光子電離を用いたフェムト秒パルスの自己相関測定”,レーザー学会学術講演会第31回年次大会,電気通信大学,2011年1月9-10日.